一軒家

不動酸へ投資を考えているのなら不動産投資信託が便利

空室をなくす方法

お金を数える人

マンションやアパートといった不動産を持っている人は空室が出ると困ってしまいます。家賃の回収ができなくなる空室をなくすには一括借り上げで不動産会社に貸し出すといいでしょう。

Read More

保証人の代わり

カードと家

賃貸を介している人も、借りる人も家賃でトラブルは起こしたくありません。滞納してしまった場合の保障をしてくれるのが家賃保障会社です。もし、借り主が滞納してしまったら保証会社がかわりに支払いをしてくれます。

Read More

個人では難しい管理

内観

賃貸物件を所有している人の殆どが賃貸管理を不動産に委託しています。なぜなら、時間や手間を省くことができるからです。また、入居者とのトラブルにも対応してくれるので大変助かります。

Read More

少額で複数に投資できる

説明

不動産投資信託という言葉は、株をやったことのある人なら聞いたことがあるでしょう。不動産投資信託では、たくさんの投資家から資金を集めてオフィスビルやマンション、商業施設といった不動産を購入します。その不動産は運用のプロが管理運営を行なってくれます。運用して回収した家賃や売買で出た利益を投資家に分配するというものです。不動産投資は個人でも行なわれていましたが、多くの資金がかかることや運営が大変であること、そして不動産の価値が変動することからあまり多くの人に馴染みがありませんでした。不動産投資信託を利用することで、個人でも少額な投資で始めることができるようになりました。また、運営を委託することができるのでその時間や手間も省くことができます。不動産投資信託ができたことで、不動産への投資がより身近なものとなったのです。
不動産投資信託では厳選した封有料な不動産が対象になっているため利回りが期待できるのが特徴です。他の株式に投資するよりも、安定した分配金を受け取れるでしょう。また、先ほど述べたように少ない額で投資ができるのも魅力の一つです。普通に個人で投資する場合は数千万以上の金額が必要になります。しかし、不動産投資信託であれば、不動産を証券化することで一人1万円前後から投資することができるのです。また、投資信託なので一つの不動産だけに投資している訳ではありません。いくつかの不動産を組み合わせて投資をすることで、どこかの利益がマイナスになっていても他の利益と調整することができるのです。