住宅

不動酸へ投資を考えているのなら不動産投資信託が便利

保証人の代わり

カードと家

賃貸を検索していれば家賃保証会社を使うことが条件になっている物件をたくさん目にするでしょう。家賃保証会社の利用で保証人が不要になるという場合もあります。家賃保証会社を使うことは身寄りのない高齢者や保証人を頼めない人にはとても便利なサービスです。しかし、その反面初期費用の負担額が増えることになります。貸主の場合、家賃保証会社を利用してもらうことで滞納されるリスクを減らすことができます。そういったメリットがあるため、多くの賃貸物件で家賃保証会社が使われるようになっているのです。
では、連帯保証人がいる場合はどうでしょうか。賃貸物件の特徴に家賃保証会社の使用が記載されている場合は原則としてそれを利用しなくてはいけません。第三者である家賃保証会社を利用すると、滞納があった場合は家賃を立て替えて支払いをしてくれます。確実に家賃が回収できるので、保証人がいてもこういった契約をお願いするようです。もしも、契約していながら家賃を滞納してしまった場合はどうなるのでしょうか。普通の管理会社や仲介業者であれば催促が来るでしょう。家賃保証会社も同じで催促をされるでしょう。しかも、この場合すでに家賃は保障会が立て替えています。そのため、遅延金や損益金が上乗せされた額が請求されてしまうのです。何度も滞納している入居者の場合、保証会社から契約の更新を断られるということもあるでしょう。家賃保障会社を利用することで、貸主は確実に家賃を回収でき、借り主は支払いの意識を高めることができるのです。